ウォーターサーバーの値段はいくら?導入後の月額コストはいくら?

Pocket



ウォーターサーバーは高い、導入後のコストは高くつく、もう少し安く利用できないかと、悩む方はたくさんいるでしょう。確かに、ウォーターサーバーを導入すると、電気代やボトル代など、様々なランニングコストがかかり、高いというイメージを抱くのも無理はありません。

そこで今回、ウォーターサーバーの値段はいくらくらいなのか、ウォーターサーバーを導入してからの月額コストはいくらかかるのかを紹介していきます。

これからウォーターサーバーを導入したい、だけど値段が気になって悩んでいるという方は是非、本記事を参考にしてみてください。近年のウォーターサーバーは省エネ効果が高くなっているので、電気代を抑えながらウォーターサーバーのある生活を満喫できます。

ウォーターサーバーにかかる値段の内訳をまとめ

ウォーターサーバーの導入前と導入後にかかる値段の内訳を以下にまとめました。

  • 初期費用
  • サーバーレンタル代
  • 電気代
  • ボトル代(宅配水)
  • 配送料
  • メンテナンス料

6つの値段を次に挙げて、なぜかかるのか、どのような仕組みなのかを解説していきます。

初期費用

初期費用はウォーターサーバーを導入するときに支払う費用と認識していただいて問題ないのですが、ウォーターサーバーを提供する多くのメーカーは、初期費用を無料に設定しています。

中には「登録料」とか「事務手数料」などの名目で、初期費用が発生する場合があるので注意しましょう。

サーバーレンタル代

サーバーレンタル代は、ウォーターサーバー本体にかかる月額料金です。しかし、多くのメーカーはサーバーレンタル代を無料にしています。なぜ無料にしているのか、そのからくりについては「ウォーターサーバーのレンタル料が無料のからくりは宅配水にある」という見出しで、詳しく解説していきます。

ただし、ウォーターサーバーの機種によって、サーバーレンタル代がかかることを注意しなければなりません。サーバーレンタル代がかかる機種の多くは、デザイン性が高く、高機能である傾向が高いです。

特にこだわりがなければ、サーバーレンタル代が無料の機種を選んだほうが堅実です。

電気代

ウォーターサーバーは電気代がかかります。どのくらい電気代かかるかは機種によりますが、ほとんどは月に1,000円前後です。

しかし、省エネ効果や機能を持つ機種場合ですと、月々の電気代を400円~700円で抑えられるでしょう。現在、出回っているウォーターサーバーの多くは、電気代を抑えた省エネの機種ばかりです。

ただし、省エネ効果のないウォーターサーバーも少なからず存在するので、利用を申し込む前に商品仕様などを確認しましょう。

ボトル代(宅配水)

ウォーターサーバーに使用するボトル代の相場は一般的に、1,000円~2,000円となっています。メーカーや水の種類、ボトルに入っている水の量によって、価格が異なります。

配送料

メーカーによって配送料は異なりますが、多くが無料にしています。ただし、配送先が北海道や沖縄県や一部離島の場合ですと、配送料が発生するのがほとんどです。

配送料を基準にウォーターサーバーを選んでも良いと言えるでしょう。

メンテナンス料

メーカーの多くは、メンテナンス料を無料にしています。メーカーによっては「メンテナンス無料」や「メンテナンスフリー」が表示されているのですが、意味は全く異なります。

  • メンテナンス無料:1年~3年に1回、メーカーは利用者の自宅に業者を派遣し、利用されているウォーターサーバー本体のメンテナンスを無料で行ってくれます。
  • メンテナンスフリー:衛生面に優れているウォーターサーバーなため、業者によるメンテナンスは不要となっています。

利用者も定期的にウォーターサーバー本体の掃除を心掛けてください。掃除しないと埃と雑菌まみれになり、ウォーターサーバーが不衛生となるので注意しましょう。

ウォーターサーバーに利用する水の値段の比較

水の種類 値段相場
宅配水 1,000円~2,000円
水道水 お住まいの地域によって値段が異なる
ペットボトルの水※2Lペットボトルの場合 100円前後

上記に、水の値段の比較表をまとめました。

水道水について注目していただきたいのですが、水道水の料金はお住まいの地域によって異なるので、値段の掲載を避けました。この地域の水道代が安い、だけどあの地域の水道代が高いなど、水道代にバラつきがあるのが理由です。

ウォーターサーバーの本体の値段はどのくらいか?

ウォーターサーバーの本体は機種によってバラつきがあるので、どのくらいの値段で購入できるのかは明言できません。ただ、ペットボトル対応のウォーターサーバーであれば、8,000円~15,000円で購入が可能です。

ウォーターサーバーのメーカーから、ウォーターサーバー本体を購入できるのかと言えば、メーカーによります。メーカーによっては、ウォーターサーバーの購入に対応しているところがあれば、購入に対応していないところもあります。

ウォーターサーバーの購入を検討されている方はまず、メーカーに「購入は可能か」と問い合わせすることから始めましょう。

ウォーターサーバーのレンタル料が無料のからくりは宅配水にある

多くのメーカーは、ウォーターサーバーのレンタル料を無料にしています。なぜなら、宅配水の料金にレンタル料が含まれていると言われているからです。

レンタル料が含まれているので、宅配水の料金は割高な傾向にあるのです。水の原価は、人件費や設備にかかる費用など考慮すると、50円前後だと言われています。

一人暮らしにウォーターサーバーを導入すると値段はどのくらいかかっていくのか?

例えばフレシャスのサイフォンプラスを一人暮らしに導入した場合、

  • サーバーレンタル代:無料
  • FRECIOUS富士1つ:1,248円(税込)
  • 電気代:約750円
  • 配送料:無料
  • 合計:約1,998円

このような値段となります。月に2,000円前後の費用で済みます。

ウォーターサーバーのメーカーや機種や水によって、値段が異なっていくので、あくまで参考程度でお願いします。

ウォーターサーバーをやめた理由とは?

ウォーターサーバーを導入したけど、解約してやめたという人は多くいると言っても過言ではありません。なぜウォーターサーバーをやめたのかは人によって様々ですが、よく聞かれる理由をまとめました。

  • ランニングコストがかかりすぎた
  • 水を使い切れなかった
  • 引っ越しを機に解約した

ランニングコストはかかるのはもちろんで、その負担に耐え切れずにやめてしまったという人もいるでしょう。水を使い切れないだけならまだしも、ノルマなど定期的な購入があるという人にとっても負担です。

引っ越しを機に解約したという人はいるのですが、引っ越し先が配送エリア対象外でないかぎり、全てのメーカーは住所変更に対応しています。

コスパが高いウォーターサーバー3選!これを選べば後悔しない!

ウォーターサーバーを導入したいけど値段が心配、導入後でも後悔したくないという人には、こちらのウォーターサーバーがおすすめです。

  • サントリー天然水ウォーターサーバー
  • フレシャス  サイフォンプラス
  • 信濃湧水 エコサーバー

省エネ効果のあるコスパの高いウォーターサーバーであるのが共通しています。おすすめに挙げた3種類の機種を以下にまとめ、なぜおすすめなのかを解説していきます。

サントリー天然水 ウォーターサーバー

参照:サントリー天然水

初期費用 無料
月々のサーバーレンタル代 無料
月々の電気代 約1,350円
ボトル代(宅配水)※1本7.8L 1,350円(税込)
ノルマ あり ※2ヶ月でボックス3箱。2ヶ月以上注文がない場合は事務手数料として1,100円(税込)かかる。
配送料 無料
メンテナンス料 無料

サントリー天然水が提供するウォーターサーバーで一番目が付くのは、電気代が約1,350円かかるというところです。他のウォーターサーバーの電気代より割高となっているのですが、なぜ割高となっているのか、その理由を以下にまとめました。

  • 「おいしさキーパー」機能の搭載
  • 「4段階温度設定」機能の搭載
  • 「2重のチャイルドロック」機能の搭載

これらの機能が働いている影響によって、電気代が高くなっていると考えられます。電気代は二の次で、水が美味しく好きな温度を利用したい方や、赤ちゃんや子どもがいる家庭には、サントリー天然水のウォーターサーバーがおすすめです。

フレシャス  サイフォンプラス

参照:フレシャス

初期費用 無料
月々のサーバーレンタル代 無料
月々の電気代 約750円
ボトル代(宅配水) ※1本7.2L ・FRECIOUS富士:1,248円(税込)
・FRECIOUS木曽:1,264円(税込)
ノルマ  なし ※定期配送選べる
配送料 無料 ※全国一律
メンテナンス料 無料

サイフォンプラスは、フレシャスが提供するウォーターサーバーのひとつです。UV-LED殺菌の機能が搭載されているのが特徴で、この機能を簡単に説明すると、紫外線を出す発光ダイオードの光が、内蔵されているタンク内の雑菌を除去するというものです。

雑菌を除去してくれるので、常に新鮮な天然水を美味しくいただけます。電気代が他のウォーターサーバーより高くなるというデメリットはあるものの、新鮮な天然水を美味しく飲み続けられるので、特に子どもがいる家庭にはおすすめです。

信濃湧水 エコサーバー

参照:信濃湧水

初期費用 無料
月々のサーバーレンタル代 330円(税込)
月々の電気代 約470円
ボトル代(宅配水) ※1本11.4L 1,620円(税込)
ノルマ なし
配送料 無料 ※北海道・四国・九州(沖縄、離島除く)の場合は1箱504円(税込)かかる
メンテナンス料 無料

エコサーバーは、信濃湧水が提供する、省エネ効果を持つウォーターサーバーです。特徴は、以下の通りとなります。

  • エコモード搭載(最大42%の省エネを実現)
  • 電子ボタン式
  • ダブルチャイルドロック
  • 自動クリーニング(作動中はサーバーを利用できない。約3.5時間かかる)

月々のサーバーレンタル代がかかるのはデメリットですが、電気代が安く抑えられるというメリットもあります。電気代を極力抑えたい、常に新鮮な水を味わいたいという人には、このエコサーバーがおすすめです。

まとめ

ウォーターサーバー本体の値段は無料ですが、天然水が入っているボトルの料金や、導入後のランニングコストもかかることを理解しなければなりません。

確かにウォーターサーバーは値段が高いというイメージがついているのですが、値段も安くなっているので、導入のハードルが低くなっています。

ウォーターサーバーを導入する際は、利用を申し込む前に、かかる費用を把握しましょう。