沖縄県に配送できるウォーターサーバーとは?おすすめのメーカー3選

Pocket



全国への配送に対応しているウォーターサーバーのメーカーでも、沖縄県への配送に対応していない、対応しているとしても配送料が高くかかります。沖縄県にお住まいの方はウォーターサーバーを利用したくても、利用できるメーカーが限定されることに悩んでいる人はたくさんいると言っても過言ではありません。

だったら、沖縄県内にあるウォーターサーバーを取り扱うメーカーや、沖縄県への配送料が無料のメーカーを選べば良いだけのことです。しかし、沖縄県への配送に対応しているメーカーを見つけにくいという一面があります。

そこで今回、沖縄県に配送できるウォーターサーバーのおすすめメーカー4種類を紹介していきます。ウォーターサーバーを導入して、安全かつ美味しい水を沖縄県で満喫しましょう。

ウォーターサーバーに関する沖縄県の水事情とは?

沖縄県には、ウォーターサーバーに関連した水事情があります。どのような水事情があるのかを以下にまとめました。

  • 沖縄県に対応していないウォーターサーバーが多い
  • 沖縄県の水が硬水である
  • 沖縄県で利用できたとしても配送料が高額であるのがほとんど

3つの水事情を次に挙げて、内容を解説していきます。

沖縄県に対応していないウォーターサーバーが多い

ウォーターサーバーを提供するメーカーのほとんどは、全国配送に対応しています。しかし、一部では「沖縄県・一部離島を除く」とか、対応していたとしても「沖縄県・一部離島の場合は配送料○○円かかる」などが表示されています。

こういった事情もあるので、沖縄県ではウォーターサーバーの利用が難しいという一面もあります。

沖縄県の水が硬水である

沖縄県の水は硬水です。その理由は以下の通りとなります。

日本の全表土の3分の1(平地の大部分)は火成岩土壌でできていますので、カルシウムが少なく水はほとんどが軟水となります。沖縄本島は、中・南部の地域が石灰岩層から形成されていますので、その影響を受けた井戸水や地下水は硬水になり、硬度が高くなっています。
引用:水質Q&A|那覇市公式ホームページ

硬水はミネラルが豊富に含まれており、少し苦味を感じるという特徴を持っています。軟水の場合ですと、ミネラルが少ないので、口当たりがよく、飲みやすいのが特徴です。

沖縄県の水が硬水で飲みにくい、だけどウォーターサーバーは軟水なので、ウォーターサーバーの利用を希望する沖縄県の人達はたくさんいると言っても過言ではないでしょう。

硬水のメリットとデメリット

余談ですが、硬水のメリットはこちらです。

  • 便秘の解消に期待
  • 動脈硬化の予防
  • カレーなど洋風の煮込み料理に適している

硬水のデメリットも以下にまとめました。

  • お腹がゆるくなる場合がある
  • 和食料理など素材の風味を活かす料理に適さない

硬水のメリットは、健康増進や洋風の煮込み料理に適しているとされ、あえて硬水を好む人がいます。一方、赤ちゃんや子どもが飲むのに向いておらず、和食料理などに適さないのがデメリットです。

参考:軟水と硬水の違いとは? | 銀座血液検査ラボ -ketsuken-

沖縄県で利用できたとしても配送料が高額であるのがほとんど

沖縄県を含む全国一律の配送に対応したウォーターサーバーのメーカーは多いのですが、例え利用できたとしても、配送料が高額になってしまうのがほとんどです。

配送料が高額になる場合、沖縄県への配送料が無料のウォーターサーバーを利用すればいいだけのことです。どのようなウォーターサーバーがいいのかは後ほど「ウォーターサーバーのメーカーおすすめ3選!沖縄県ならこれ!」という見出しで、詳しく紹介していきます。

ウォーターサーバーの普及率が高いとされている理由

沖縄県はウォーターサーバーの普及率が高いとされています。普及率が高いと思われる理由を以下にまとめました。

  • ダムの場所によって残留塩素がある
  • 台風など災害を受けやすいが故に断水が起こりやすい
  • 雨水タンクの水が傷みやすく水質悪化の原因にもなる

3つの理由をそれぞれ挙げて、解説していきます。

ダムの場所によって残留塩素がある

沖縄県にあるダムの場所によって、残留塩素が多く残っているところがあります。確かに沖縄県の水道水は、基準となっている水質をクリアしているので、飲んでも体に影響はございません。

しかし、残留塩素のにおいが気になるという人も少なからずいますし、沖縄県の水道水は硬水なので、飲みにくいというデメリットな部分があります。

残留塩素や硬水などの要因もあってか、沖縄県ではウォーターサーバーの普及率が高いと考えられます。

台風など災害を受けやすいが故に断水が起こりやすい

沖縄県は日本の中で、台風など災害を受けやすい場所となっております。災害を受けやすいが故に断水も起こりやすく、断水が起これば水道水は利用できません。

しかし、災害が起きれば水道だけでなく電気も使えない、電気が使えないならウォーターサーバーも使えないのではと思う人はいるでしょう。確かに電気が使えなければウォーターサーバーも使えないのですが、ウォーターサーバーの水なら使えます。

ウォーターサーバーの宅配水は備蓄水としても使えるので、災害を受けやすい地域にとっては、宅配水は重宝すると言っても過言ではないでしょう。

雨水タンクの水が傷みやすく水質悪化の原因にもなる

沖縄県の住宅の多くは、雨水タンクが設置されています。雨水タンクとは文字通り、雨水を溜めるタンクです。ろ過機能が搭載されている雨水タンクであれば、タンクに溜めた雨水を安全に飲めると言えるのですが、定期的にメンテナンスを行わないと、タンクに溜めている雨水が痛み、ろ過されても飲めなくなる場合があります。

こういったことから、ウォーターサーバーの導入を希望または検討する家庭は多いと言われています。

沖縄県で利用するウォーターサーバーの選び方とは?

沖縄県の場合、ウォーターサーバー選びが重要です。なぜなら、本州と違って、利用できるウォーターサーバーが限定されるからです。間違った選び方をしてしまうと、後で後悔することになりかねません。

そこで、沖縄県で利用するウォーターサーバーの選び方についてのポイントを以下にまとめました。

  • 宅配と回収が可能なメーカーを選ぶ
  • 沖縄配送にかかる配送料を確認する
  • ウォーターサーバーにかかるランニングコストを確認する
  • サイズと機能

4つのポイントを次に挙げて、解説していきます。

宅配と回収が可能なメーカーを選ぶ

沖縄県で利用するウォーターサーバーの選び方において、宅配と回収が可能なメーカーを選ぶこと自体が重要です。いくらウォーターサーバーが魅力だとしても、メーカーが利用者への水の宅配と、レンタルしたサーバー本体の宅配と回収できなければ、意味がありません。

多くのメーカーは公式サイトにて、配送エリアのページを掲載しています。ウォーターサーバーを利用する際はまず、沖縄県が配送エリアの対象に入っているかどうかを確認するようにしましょう。

沖縄配送にかかる配送料を確認する

ウォーターサーバーのメーカーの多くは、配送料を無料にしています。しかし、沖縄県や一部離島に対応していたとしても、配送料がかかるのがほとんどです。

沖縄県への配送料が無料になっているウォーターサーバーのメーカーを選ぶのが、初期費用や配送にかかるコストを抑えるのがポイントとなります。

ウォーターサーバーにかかるランニングコストを確認する

ウォーターサーバーにかかる主なランニングコストは、水代と電気代の2つです。

水代は注文する毎に発生する費用で、逆に言えば注文しないかぎり、費用は発生しません。しかし、定期購入やノルマなどを設けて、なにがなんでも水を買わせようとメーカーは対策をしています。

どちらにしろ、ウォーターサーバーを導入した以上、水を買わなければ利用できないので、結局は買わなければなりません。

ウォーターサーバーは、水を冷やし、温める機能が常に働いているので、電気代がかかります。省エネ効果を持つウォーターサーバーの場合、電気代を安く抑えられることが見込まれます。

ランニングコストが気になる方は、省エネ効果を持つウォーターサーバーを選びましょう。

サイズと機能

ウォーターサーバーを導入する際、サイズと機能を知っておく必要があります。サイズを知っておく理由のひとつは、ウォーターサーバーの設置場所を確保することが挙げられます。

機能について知っておきたいところは、エコモードやチャイルドロックなどです。エコモードは電気の消費を抑える機能で、電気代を抑えることが可能となります。

チャイルドロックは、簡単に熱湯を出さないようにする機能です。何も知らない子どもが熱湯が出る蛇口をひねって、火傷を防止することに役立ちますし、大人も不注意で熱湯を出すにも役立ちます。

ウォーターサーバーのメーカーおすすめ3選!沖縄県ならこれ!

沖縄県におすすめするウォーターサーバーのメーカー3種類を以下にまとめました。

  • 麦飯石の水
  • アクアクララ
  • ウォータースタンド

3種類のメーカーを次に挙げて、なぜおすすめなのかを解説していきます。

麦飯石の水

参照:麦飯石の水

サーバーレンタル代 無料
配送エリア 沖縄県全域 ※配達不可のエリア:沖縄県外、沖縄本島外、 名護市、本部町、今帰仁村、東村、大宜味村、国頭村、うるま市(伊計・宮城・池味・上原)は
配送料 無料
水代 ・ちゅら水19L1本

配達価格:1,080円(税込)

店舗価格:648円(税込)

・ちゅら水12L1本

配達価格:756円(税込)

店舗価格:432円(税込)

電気代 約1,000円
水の種類 軟水
ノルマ ・ちゅら水19L:月1本以上

・ちゅら水12L:月2本以上

契約期間 なし

麦飯石の水は、沖縄県で活動するウォーターサーバーのメーカーです。店頭受け取りのほうが安く、水自体の価格もリーズナブルなので、安くウォーターサーバーを使えると言っても過言ではないでしょう。

しかし、現金の支払いしか対応しておらず、さらに以下に該当する方は保証人が必要です。

  • 1人暮らしでかつ携帯電話しか持っていない
  • 水の麦飯石を利用していたが、利用条件を満たせずに解約された
  • 外国人である

少し条件が厳しいと言えるのですが、リーズナブルでウォーターサーバーを利用されたい方には、水の麦飯石がおすすめです。

アクアクララ

参照:アクアスリム

サーバーレンタル代(あんしんサポート料) 1,100円(税込) ※アクアスリムの場合
配送エリア 沖縄県含む日本全国対応 ※※離島、一部地域を除く
配送料 無料
水代 ・12L1本
2年割プラン:1,404円(税込)
通常プラン:1,512円(税込)・7L1本
2年割プラン:1,080円/本(税込)
通常プラン:1,188円/本(税込)
電気代 約1,000円
水の種類 軟水
ノルマ なし
契約期間 6ヶ月

アクアクララは、沖縄県への配送にも対応したウォーターサーバーのメーカーです。サーバーレンタル代がかかるのはデメリットですが、水自体もリーズナブルでかつ、注文に関するノルマがないのが魅力です。

契約期間は利用開始日から半年と短いので、半年間使っていて、満足できなかったら、解約しても良いでしょう。

ウォータースタンド

参照:ウォータースタンド

サーバーレンタル代 5,808円(税込) ※プレミアムシリーズS3の場合
配送エリア 沖縄県を含む日本全国 ※沖縄県配送エリア対象外:石垣市、宮古島市、国頭郡伊江村、国頭郡宜野座村、島尻郡粟国村、島尻郡伊是名村、島尻郡伊平屋村、島尻郡北大東村、島尻郡久米島町、島尻郡座間味村、島尻郡渡嘉敷村、島尻郡南大東村、宮古郡多良間村、八重山郡竹富町、八重山郡与那国町
配送料 無料
水代 なし
電気代 約600円
水の種類 軟水
ノルマ なし
契約期間 1年

ウォータースタンドが提供するウォーターサーバーは全て、水道直結型です。水道直結型は、水道管とサーバー本体を直接接続し、水道管からサーバー本体に自動給水するというタイプです。

プレミアムシリーズS3の場合、逆浸透膜方式という浄水方式によってRO水が作られ、さらに水の硬度を低く抑えることで、軟水を作り出すことができます。

家族が多い人には、ウォータースタンドの利用がおすすめです。

まとめ

確かに、沖縄県に配送できるウォーターサーバーは限られており、安くウォーターサーバーを利用したい場合は、地元で提供しているウォーターサーバーを利用するほかありません。

全国配送対応のウォーターサーバーでも、沖縄県への配送に送料がかかってしまう、沖縄県でも一部対象外になることがあります。

沖縄県でウォーターサーバーを利用する際は、地元のウォーターサーバーのメーカーまたは沖縄県への配送が無料のウォーターサーバーを選びましょう。