水道水ウォーターサーバーとは?宅配水よりお得な理由

Pocket

水道水ウォーターサーバーはおいしいのだろうか、コスパは高いのだろうかと、考えている人はいます。確かにウォーターサーバーといえば、天然水が入ったボトルを挿入して使うというイメージが強いです。しかし、ボトル交換が面倒で、価格も安くなく、内容によっては負担が重くのしかかると言っても過言ではないでしょう。

水道水ウォーターサーバーであれば、ボトル交換不要で、水を飲みたい分だけ飲める、実質定額制などコスパが高い部分があります。今回は水道水ウォーターサーバーとは、どのようなウォーターサーバーなのか、メリットやデメリットや料金などについて、ご紹介いたします。

これから、水道水ウォーターサーバーを導入してみたい、興味があるという方は是非、参考にしてみてください。水道水ウォーターサーバーは天然水に引けを取らないおいしさで、常に衛生的かつ冷たい、または温かい水を好きなときにいただくことができます。

水道水をろ過させて使用するウォーターサーバーがある

わたし達が一般的に認知しているウォーターサーバーとは、天然水が入ったボトルをウォーターサーバーに挿入して使用するタイプです。

一方、水道水ウォーターサーバーはその名の通り、水道水をそのまま使います。しかし、水道水をそのまま使うのではなく、水道水を一度フィルターまたはカートリッジなどでろ過して、不純物などを取り除いて浄水します。

浄水された水道水はRO水のミネラルウォーターとして、飲むことが可能になるというわけです。

水道水ウォーターサーバーは水道直結型と浄水型の2種類

水道水ウォーターサーバーには、水道直結型と浄水型という2種類のタイプがあります。どのようなタイプなのかを以下にまとめました。

  • 水道直結型:水道管に直接つないで自動給水するタイプ
  • 浄水型:水道水を給水タンクに注いで使用するタイプ

もちろん、それぞれメリットとデメリットがあります。

メリットとデメリットは後ほど「水道直結型ウォーターサーバーのメリット・デメリット」と「浄水型ウォーターサーバーのメリット・デメリット」という見出しでそれぞれ、解説していきます。

ペットボトル式ウォーターサーバーもある

2Lのペットボトルを挿入して使用するウォーターサーバーがあります。使い方は他のウォーターサーバーとほとんど変わりませんし手軽です。

しかし、フィルターやカートリッジなるものが内蔵されていないのがデメリットで、単純に水を冷やす、水を温めるという機能に限定されます。

自分は飲むだけなのでそれで十分だという方はあえて、ペットボトル式ウォーターサーバーを選択するのも悪くありません。

水道直結型ウォーターサーバーのメリット・デメリット

水道直結型ウォーターサーバーのメリットとデメリットを以下にまとめました。

  • メリット:ボトルの注文と交換が不要
  • メリット:水の量を気にすることなく飲み放題
  • メリット:ゴミの量が減る
  • デメリット:設置場所と工事が必要
  • デメリット:天然水は飲めない

メリットとデメリットをそれぞれ挙げて、解説していきます。

メリット:ボトルの注文と交換が不要

水道直結型ウォーターサーバー最大のメリットは、ボトルの注文と交換が不要だというところです。水道管に接続するタイプのウォーターサーバーなので、実質的な自動給水という形となります。

メリット:水の量を気にすることなく飲み放題

自動給水タイプのウォーターサーバーなので、水の量を気にする必要がありません。

レンタルの場合、月額料金を支払うだけで、冷たくて美味しい水を好きなだけ飲み続けることができます。

お湯も好きなだけ使うことができるので、好きなときにコーヒーやお茶を注いで飲むことも可能です。

メリット:ゴミの量が減る

一般のウォーターサーバーはボトルを交換した後、空になったボトルを利用者自身が処分しなければならないのが一般的です。

しかし、水道直結型ウォーターサーバーはボトル不要です。ボトルがいらないので、エコ的な部分があります。

デメリット:設置場所と工事が必要

水道直結型ウォーターサーバーは設置場所を選べません。キッチンなど水道管がある場所の近くに設置しなければならないからです。

ウォーターサーバーを接続するための配管工事も必要なので、初期費用がかかります。初期費用は、ウォーターサーバーの種類やメーカーによって異なりますが、5,000円~15,000円が一般的な相場であると考えましょう。

デメリット:天然水は飲めない

水道直結型ウォーターサーバーは天然水が飲めません。水道管に直接つなぐタイプなのが理由です。

RO水のみとなりますが、RO水でも天然水に引けを取らないおいしさを持っています。

浄水型ウォーターサーバーのメリット・デメリット

浄水型ウォーターサーバーのメリットとデメリットは以下の通りです。

  • メリット:工事不要で設置場所を選ばない
  • デメリット:水がなくなったら自分で補充しなければならない

メリットとデメリットをそれぞれ挙げて、解説していきます。

メリット:工事不要で設置場所を選ばない

浄水型ウォーターサーバー最大のメリットは、工事不要でかつ設置場所を選ばないというところです。初期費用がかからないのも、メリットのひとつとなります。

一人暮らしに向いているという一面を持ち、一戸建てに住んでいるのでしたら、寝室や二階などに設置してもいいでしょう。

床置きタイプと卓上タイプの2種類ありますが、インテリアに合わせたり、好みで選ぶなど、様々な選択肢がございます。

デメリット:水がなくなったら自分で補充しなければならない

浄水型ウォーターサーバーのデメリットは、タンクが空になったら水を自分で補充しなければならないというところです。

自分で水を補充するのが面倒くさい人にとってはデメリットと言えますが、水を補充するという作業が苦にならない人にとっては、デメリットのうちに入らないでしょう。

水道水ウォーターサーバーの買い切りはあり?

水道水ウォーターサーバーの買い切りは、ありです。ただし、住まいや住居などの状況によって、考慮しなければなりません。

例えば、以下のシーンをまとめてみました。

  • 一戸建ての持ち家で引っ越すことがないのであれば水道直結型ウォーターサーバーを買い切り
  • アパートやマンションなど賃貸物件に住んでいるのであれば浄水型ウォーターサーバーをレンタル

賃貸物件の場合、自分の家ではないので、水道直結型ウォーターサーバーの設置が難しいということです。

引っ越す頻度が高い場合、浄水型ウォーターサーバーのレンタルがおすすめです。なぜなら、レンタルであれば住所変更の手続きをするだけですし、移動も簡単だからです。

ただし、買い切りができない、レンタルのみの水道直結型ウォーターサーバーもあるので、注意しましょう。

水道水ウォーターサーバーを一人暮らしで使うのはあり?

ありですが、この場合は浄水型ウォーターサーバーがおすすめです。買い切りに対応していれば、買い切りを選んでも良いでしょう。

一人暮らしにウォーターサーバーは珍しくなく、むしろ導入しようと考えている、すでに導入しているという人はいます。

水道水ウォーターサーバーに関する口コミは?

水道水ウォーターサーバーに関する口コミを集めてみました。

水道に直接つないで水を供給するので、ボトルの交換がいらない。ボトル交換が面倒くさかったのですが、水道水が浄水されるので、常においしい水を飲むことができます。

水道直結型ウォーターサーバーに該当するような口コミで、やはりボトル交換がないのが、高評価を得ています。

家族4人で利用しているのですが、タンクの容量が小さいので、すぐになくなってしまいます。お水の補充が面倒なのですが、一人暮らしや水道がないところで使うのなら、いいかもしれませんね。

浄水型ウォーターサーバーのデメリットを指摘した口コミです。家族4人でかつ持ち家で暮らしているのなら、水道直結型ウォーターサーバーの利用に向いていると言えます。

水道水ウォーターサーバーおすすめ5選

水道水ウォーターサーバーは多くありますが、おすすめなものを5種類厳選しました。

  • 水道直結型ウォーターサーバー:ウォータースタンド ネオ
  • 水道直結型ウォーターサーバー:キララウォーター ファミリア KFS-1820
  • 水道直結型ウォーターサーバー:楽水 ピュレスト
  • 浄水型ウォーターサーバー:ハミングウォーター フローズ
  • 浄水型ウォーターサーバー:エブリィフレシャス ミニ

なぜおすすめなのか、誰に向いているのかを解説していきます。

水道直結型ウォーターサーバー:ウォータースタンド ネオ

参照:ウォータースタンド
サイズ(受け皿使用時) 高さ:505mm × 幅:260mm × 奥行:500mm
月々の電気代 約859円
月額料金 通常プラン:4,378円(税込)長得プラン:3,850円(税込)※初回11,000円(税込)かかる
契約期間 1年 ※利用してから1年以上で解約しても、解約手数料がかからない。1年未満で解約すると解約手数料11,000円(税込)発生する
買い切り 不可能

ウォータースタンド ネオをおすすめする理由は、節電機能が搭載されていることにあります。節電機能を使用することで、月々の電気代を抑えることが可能です。

お手軽にウォーターサーバーを導入したい、使い続けたいという方には、ウォータースタンド ネオがおすすめです。

水道直結型ウォーターサーバー:キララウォーター ファミリア KFS-1820

参照:キララウォーター
サイズ 高さ:495mm × 幅:260mm × 奥行:485mm
月々の電気代 約300円
月額料金 4,378円(税込)
契約期間 3年
買い切り 不可能

キララウォーター ファミリアは、家族向けの水道直結型ウォーターサーバーです。コンパクトかつデザイン性があるため、インテリアに合わせることができます。

もちろん、家族向けなので、家族がいる方にはおすすめです。

水道直結型ウォーターサーバー:楽水 ピュレスト

参照:楽水
サイズ(卓上タイプの場合) 高さ:400mm × 幅:300mm × 奥行:400mm
月々の電気代 約500円
月額料金(全て税込価格) ・ライトプラン:3,278円 初期費用:13,200円
・DIYプラン:3,278円 初期費用:5,500円
・給水タンクプラン:3,278円 初期費用:8,800円
・ROプラン:4,378円 初期費用:13,200円
・大容量プラン:5,478円※ROの場合6,578円 初期費用:13,200円
・冷水機プラン:3,278円 初期費用:13,200円
契約期間 3年
買い切り 可能

楽水が提供するピュレストは、床置きタイプと卓上タイプの2種類あり、6つの料金プランを選ぶことができるのが特徴です。プランによっては、水道直結型と浄水型のどちらかを選ぶことができます。

購入も可能で、4年以上利用すればお得な価格で購入することも可能です。水道水ウォーターサーバーを買いたいという方には、ピュレストがおすすめです。

浄水型ウォーターサーバー:ハミングウォーター フローズ

参照:ハミングウォーター
サイズ 高さ:1200mm × 幅:260mm 奥行:370mm(設置面奥行330mm)
月々の電気代 約475円
月額料金 3,300円(税込)
契約期間 2年
買い切り 不可能

ハミングウォーター フローズは床置きタイプの浄水型ウォーターサーバーです。設置場所を選ばず、水もフィルターなどで浄水されるので、おいしくいただけます。

水道管に直接つなぐ必要がないので、アパートやマンションなど賃貸物件を借りている人に向いています。水道管がない場所に設置したいという方には、ハミングウォーターがおすすめです。

浄水型ウォーターサーバー:エブリィフレシャス ミニ

参照:エブリィフレシャス
サイズ 高さ:470mm × 幅:250mm 奥行:295mm
月々の電気代 約410円
月額料金 3,300円(税込)
契約期間 3年
買い切り 不可能

エブリィフレシャスが提供するミニは、卓上タイプの浄水型ウォーターサーバーです。卓上タイプなので設置場所を選ばず、コンパクトなので一人暮らしに向いています。

一人暮らしだけど水道水ウォーターサーバーの導入を検討されている方は、エブリィフレシャスが提供するミニがおすすめです。

まとめ

水道水ウォーターサーバーは宅配水よりお得ですし、月額料金だけで好きなだけ水を飲むことができます。

ただし、アパートやマンションなどの賃貸物件に水道直結型ウォーターサーバーの導入はおすすめしません。導入するためには賃貸物件の管理人または大家の許可が必要ですし、引っ越しするときは必ず取り外さなければなりません。

賃貸物件に水道水ウォーターサーバーを導入する際は、浄水型がおすすめです。設置場所を選ばないのが理由となります。

確かに水道水ウォーターサーバーは、水道水を使うので宅配水よりもお得ですが、住まいの状況に応じて、水道直結型と浄水型のどちらかを選びましょう。選び方に迷われましたら、当記事を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です