家庭用ウォーターサーバーは購入すべき?それともレンタルがお得??

Pocket



ウォーターサーバーを自宅に設置したいとお考えで、何を選んだら良いのか悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
特に気になるのが費用で、購入したほうが良いのかレンタルするべきなのか。
購入の際に必要な経費であったり、レンタルする場合のランニングコストなど気になるところでしょう。

コスト以外の面でウォーターサーバーをご家庭に設置して、得られるメリットはどのようなものがあるのか。
これらの事をしっかりと理解しておかなければ、ウォーターサーバーの導入が逆に負担になってしまう可能性もあります。

今回は、ご家庭に設置予定のウォーターサーバーについてどの方法が一番良いのか、正しい判断ができるよう、そしてコスト面以外の3つメリットについても解説します。

ウォーターサーバーで水の購入以外にかかる費用

ウォーターサーバーを設置する際には、購入でもレンタルでも様々な費用がかかってきます。水代はもちろんの事、それ以外にも必要な経費を知っておきましょう。

設置費用

ウォーターサーバーを設置するのに、まず最初に必要になってくる設置費用
ボトル交換型のウォーターサーバーの購入の場合は置くだけなので設置費用は必要ありません
しかし、水道直結型であれば業者に依頼する必要があり、工事費がかかります

一方、レンタルの場合ほとんどのメーカーは設置費無料としていますが、設置費がかかるメーカーもあるので注意が必要です。
費用は様々ですが、無料になるキャンペーンを設けている場合もある為、しっかりと設置料金についてチェックをしておくと良いでしょう。

そもそもレンタルの場合、設置費用は設置する業者に対する費用であるため、基本的には必要以上にお金がかかることはありませんし、継続してかかるものでもありません。
メーカーとしても設置費用を理由に設置を断念されては困るので大きな金額になる事は無いでしょう

レンタル料金

レンタルする場合、月々のレンタル料金が必要になってきます。
しかし購入の場合も分割で支払うなら回数は決まっていますが、月々ウォーターサーバー代を支払う形になります。

どちらが経費として負担が少ないかはご家庭の判断によるものになりますが、メーカーによってはレンタル料無料を謳ったものもある為、レンタルの方が購入より安く付く可能性もあります。
レンタル料無料とは意外に思うかもしれませんが、その多くの場合、水の購入ノルマを設けている事もある為そこはしっかりと確認が必要です。

フィルター代

ウォーターサーバーの種類によっては定期的にフィルターを交換する必要があります。
メーカーによって交換時期が異なり3ヶ月や半年、1年と様々です。
こちらもレンタルの場合はフィルター交換が無料のメーカーが多いでしょう。

購入の場合は自分でフィルターを仕入れて、交換まで自分で行う必要があります。

ウォーターサーバーの種類とそれぞれの特徴

先程もお話した通りウォーターサーバーは主に2種類のタイプにわかれます。

  • ボトルの取替型
  • 水道直結型

この2タイプにはそれぞれ特徴があり、かかるコストの内容が違ってきます。
ご家庭に合ったタイプを選ぶ事で余計なコストを抑えられるでしょう。

ボトルの取替型

ボトルの取替型ウォーターサーバーとは、水のボトルをウォーターサーバーに取り付けるタイプとなります。
つまり水のボトルを購入した分の料金と電気代が経費として必要になります。

ボトル取替型のウォーターサーバーをレンタルする際、レンタル料やフィルター代が無料になる反面、水のボトルの購入ノルマがある場合があります。
ひと月で使う水の量によっては無駄に水を購入しなければならない事も考えられます。

本体を購入した場合であれば自分の使う分だけを購入できるので、必要な水の量によっては安く付く可能性もあります。

水道直結型

水道直結型の場合、水道水を直接接続させて、それをウォーターサーバーの機械で浄水した水が出てくるというもの。
つまり水を購入する必要がなく、水が無くなったからと注文したり取り替えたりする必要がありません
購入の場合はご家庭の水道料金と電気代以外の経費はかかりませんので使用する水の量での経費の変動がないことが特徴です。

しかし水道直結型をレンタルする場合、レンタル料無料が適応されません
さらに少額ではありますが、水道料金もボトル取替型に比べると若干増える可能性があります。
レンタル料と水道料金、水のボトルを購入する代金とで比較をしてご家庭にとってどちらが良い選択なのかを判断すると良いでしょう。

家庭にウォーターサーバーの設置する3つのメリット

ウォーターサーバーを設置することで得られるメリットがあります。

おいしい水が飲める事はもちろんですが、これまでペットボトルで水やお茶を購入していた場合、ペットボトルを買いに出かけて重い荷物を運ぶ手間と、ペットボトルのゴミを減らすことが出来ます。

さらに冷水や温水が出ることや、料理などで水道水を使っていた場合にウォーターサーバーのおいしい水に変えるだけで食事や飲み物の味や手間において良い影響があるといえます。

ペットボトルのゴミが減る

水やお茶をスーパーなどに買いに行っている場合、重い荷物を持って帰るのはツラいものです。
しかも使った後のペットボトルはラベルとキャップを外し、分別してゴミ処理をしなければならなかったりと手間がかかるものです。
ウォーターサーバーを設置することでそのほとんどの悩みはなくなります

ボトル取替型であれば直接自宅へ配達してくれますし、水道直結型であえればウォーターサーバーを設置した後は年に1~2回程度フィルターの交換をする以外なにもする必要がありません

冷水と温水が使える

ウォーターサーバーの設置で得られる大きなメリットの1つとして冷水と温水がすぐに使えるというものがあります。これはボトル取替型でも水道直結型でも同じ機能が付いており、ウォーターサーバーにコンセントが付くのはこの機能の為です。

冷たい水(5℃~10℃)が出る為、氷を用意する手間や冷蔵庫で冷やす手間も無くなり、冷蔵庫のスペースも確保できます。
また、温水(80℃~90℃)も出る為、お湯が必要な時にわざわざ水をやかんに入れて沸かすなどの手間を短縮できます。

食事や飲み物に

ウォーターサーバーから出る冷水があれば、暑い夏でも冷たい水をすぐに飲む事ができます。
火にかけてカルキを飛ばさなくても良いし、熱湯にして殺菌する必要もありませんのでお湯を沸かして麦茶を煮出している場合でも、冷水に直接麦茶パックを入れておけば水出しで麦茶が作れます。
家族が多かったり、子供さんの水筒用などを考えればかなり効率が良くなるのではないでしょう。

またお湯が出る為、赤ちゃんのミルクもすぐに作る事が出来ます。
浄水されたものですので、こちらも煮沸消毒の必要が無く、すぐに哺乳瓶にお湯を入れ、ミルクを溶かす事が出来ます。
カップラーメンやコーヒーや紅茶などは100℃が基本になる為、温水をやかんに入れて沸かせばすぐに沸騰します。

しかもウォーターサーバーから出てきた水なので浄水されており美味しい水で作る事が出来、他の料理でも直接水道水を使うよりも美味しく仕上がります

まとめ

ご家庭にウォーターサーバーを設置する際には費用やメリットをしっかりと確かめ、あなたのご家庭に本当に必要なものかどうかを判断すると良いでしょう。
いくら費用がかからなくても、メリットが無ければ意味がありません。
逆にメリットがいくらあっても費用が高くついてしまうと考えものです。

ご家庭の状況に合わせてウォーターサーバーの設置を考え、それぞれのメーカーなどの特徴を知り、正しい知識でウォーターサーバーの設置を検討しましょう。